石川県 加賀市・小松市で無垢材を使用した住宅の新築・改築

夢ハウス・ロゴ
無垢材の一戸建て新築・リフォームなら夢ハウス

最高品質の無垢木造住宅を建てるなら夢ハウス!

家に対するこだわり

理想の感想無垢材「ドライキューピット」天然木を使った本物の木の家にこだわり続けています。

※ドライキューピットとは夢ハウスオリジナルSD工法です。
※SD工法は自然の力を最大限に活かし、地震や災害に強い頑強構造で大切な家族を守ります。

ドライキューピット

すべての構造材に含水率15%以下の無垢材を使用。集成材は一切使いません。

徹底して無垢の乾燥剤にこだわり、自社で木材乾燥機の研究・開発をすすめ、
含水率15%以下の乾燥無垢材の開発に成功しました。

室内平衡含水率(※1)まで乾燥することにより、反りかえり、割れのきわめて少ない無垢材が誕生し、その結果、強くて安全性の高い、長寿命の住宅を実現しました。この乾燥技術は特許を取得しています。

強度・健康面に不安のある集成材を夢ハウスで使いません。

※1 冷暖房(エアコン)を使用する室内の温度と湿度を基準に、木材が収縮・変形しにくい安定した平衡状態を保つ含水率(数値:5~10%)

夢ハウスの無垢材の利点

1乾燥収縮に伴う、狂い割れの防止
2カビ、腐朽菌の発生防止
3強度を高める
4人と環境に優しく健康的
5シロアリに強い

市販の一般的な乾燥材では、建築後に収縮や変形が生じます。

【木材の収縮の例】
含水率30%以上のスギ材を15%以下に乾燥した場合4.2mm収縮します。

木材収縮の例

【木材の変形の例】
含水率が10%以下に達していない床板を室内に放置しておくと、このような変形が生じます。

木材変形の例

市販の一般的な乾燥材では、建築後に収縮や変形が生じます。

住宅建材として最適なはずの木材も、中には反ったり、ねじれたり、割れたりするものがあります。これは木材に含まれる水分が主な原因です。木材は水分を吸収すると膨張し、乾燥すると収縮しようとする性質があるからです。伐採したばかりの木には全体にたっぷりと水分が浸透しています。その木に含まれる水分を表す数字を「含水率」といいます。その水分は時とともに蒸発していきますが、木の繊維方向によって収縮の割合が異なります。これが木材の変形の原因なのです。

無欠点試験体における強度と含水率との関係

●木材強度と含水率の関係
木材は乾燥にともない、強度を増します。右のグラフからもわかるように、含水率10%の木材は含水率40%の木材に対して、曲げ強度、圧縮強度ともに、約2倍となります。

木材の水分変化

■木材の水分状態
木材の水分状態
■木材の含水率とは?
木材の含水率とは?
スギの乾燥後の含水率分布の例(120mm角の柱材)
スギの乾燥後の含水率分布の例

※含水率20%の乾燥材では、芯の含水率はまだ30%あり、狂いや反りが発生します。

1.生材状態

木材は、細胞壁(木材繊維と結合水)と自由水が含まれる空隙部分で成り立っています。木材は乾燥していくとまず自由水が失われていきますが、この間木材は収縮を起こしません。

2.繊維飽和点

自由水がなくなる繊維飽和点(含水率30%)に達すると、木材の収縮や狂いが始まります。つまり含水率が20~30%程度の木材乾燥では、意味が無いのです。

3.気乾状態

木材を外に放置しておくと、大気の湿度と平衡した状態(平衡含水率)に達します。日本の平衡含水率は15~20%程度ですので、構造材の含水率はこの15%以下にすることが理想的です。

4.全乾状態

結合水がほとんど無くなる状態で、強制的に乾燥させた場合の状態です。