維持管理について

無垢床類の天然オイルワックス品について(赤松フローリング・桐フローリング)

  • 日常は、乾いた雑巾、または固く絞った雑巾で拭いて下さい。(洗剤は使わないで下さい)

年1回程度、または撥水効果が悪くなってきたと感じたら、「Wood Life」を再塗布して下さい。

ダイケンフローリング製品(ノンワックスタイプ)について

  • 日常のお手入れ→乾いた雑巾で拭く
  • 汚れがひどいとき→固く絞った雑巾で拭く
  • 上記の方法でも汚れが落ちないとき→床用の洗剤を含ませて固く絞った雑巾で拭く

ワックスによるお手入れは基本的には必要ありませんが、お客様の都合によりワックスがけをされる場合は、「DKワックスネオ」をおご使用下さい。他のワックスを使用されますと、塗布ムラ、密着不良等のトラブルの原因となります。

ワックスがけをされますと、ワックス膜により床材表面本来の性能や質感が素行われますので、ご承知下さい。

住宅用クッションフロア類について(シンコール ポンリュームの場合)

  • ふだんのお手入れは、よく絞ったモップか雑巾での水拭きで充分です。
  • 汚れのひどい時には、中性洗剤を薄く溶かし雑巾等で拭き取り、更に綺麗な雑巾等で水拭きをしてください。
  • 直射日光が当たる床面は気付かぬうちに少しずつ退色することがあります。カーテン・ブラインド等で日除けの工夫をしてください。
  • ワックスを塗布する際は、最初にクリーナー等で床面の汚れを落とします。綺麗な雑巾等で水拭きし、汚れと余分なクリーナーをよく拭き取ってください。床面が十分に乾燥したことを確認後、ワックスを塗布してください。乾燥が不十分な場合、密着不良の原因となります。
  • 推奨ワックス オール(リンレイ製)同等品
  • 推奨クリーナー オール床クリーナー(リンレイ製)同等品


ワックス・クリーナーにつきましては、ハウスクリーニング業者・美装業者にお問い合わせください。
または、

● 水、油類を床面にこぼした時は、滑りやすくなる為すぐに拭き取ってください。
● 漂白剤、毛染液等の化学薬品を床にこぼしたときは、すぐに拭き取ってください。床材の変色、変質をきたす可能性があります。
● 重量物や尖った脚の物には、ゴム製品以外の保護具を付けてください。引きずると傷を付けるおそれがある為、移動の際にはご注意ください。
● 軟質塩ビ製品の為、タバコの火等で焦げ跡等が付きます。ご注意ください。

(株)リンレイのホームページをご参照ください。(株)リンレイ URL http://www.rinrei.co.jp